痴漢

話しかけ痴漢したら逃げられた

どうも、盗撮系作品をメインにレビューしている大好きマンです。

ド変態なあなたに今回も気になる作品の一部をお見せしつつレビューしていきます。

気に入ったり、改善点があれば気軽にコメントください。

では本題です。

今回の作品

奇襲痴漢】歩くわいせつ物!ロリ巨乳J〇にお仕置きしたら助けを呼ばれそうになり逃走!

奇襲痴漢】歩くわいせつ物!ロリ巨乳J〇にお仕置きしたら助けを呼ばれそうになり逃走!

[st-mybox title=”今回の作品詳細” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#727272″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”” borderwidth=”3″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under” margin=”25px 0 25px 0″]

販売者 Jさん

再生時間:2:37

画質  :1920×1080

音声  :有(一部カット)

価格     :1100円

興奮度    :☆☆☆☆

[/st-mybox]

Jさんおなじみの乳痴漢作品です。

初めの頃は揉み逃げが主流だったのですが、最近は交渉をして揉ませてもらうという手法をよく使ってらっしゃいます。

しかし今回は以前のような揉み逃げ作品となっておりますので、許可を取らずにお乳を揉む方が興奮するという変態性癖を持ったあなたの心をくすぐる作品になっています。

本編

※レビューなので顔や大事なところに色塗りをしています。また、画質も落としております。

モデルの姿撮りです。

程よい肉感で触り心地がよさそうです。

顔は文句なしに可愛いですね。

そして一番はこのミニスカート、

屈むところを想像するだけで白い裏もも、しかもふくらみ部分までが後ろから見えることが容易く想像できます。

その、期待通りのシーン。

気になる商品があるようで、少し前かがみに。

動画モードのスマホを手に持ち、自然に後ろを通り過ぎれば、、、

それだけでこんな素敵な映像を撮ることが出来ます。

しかし想像以上でしたね。

太もものふっくら見どころか、この高さでも白いパンツまで見えてしまいます。

手がぶつかったふりをすれば生尻を触れてしまいますね。(笑)

シーンは変わって、先ほどとは違う商品を見ています。

思っていたものがないのかスマホでリサーチ中。

スマホとイヤホンは女の子を無防備にします。

背後の気配なんて気付くはずがなく、、

逆さ撮りを頂きました。

最高ですねこの景色。

気休め程度の黒パンを履いていますが、もはやそのせいで余計にお尻に食い込んでえらいことになっています。

さらに別のシーンでも屈んで商品を見ているので、今度は反対の商品を見ているふりをしてカメラを下に。

そして近づいていきます。

言葉では分かりにくいと思いますのでGIFで見てください。

撮影者がどんな動きをしているか、想像するとこちらまでドキドキして来ます。

まだ、まだその姿勢でいてくれ!

と願いながら屈み、しゃがみ、徐々に近づいたのでしょう。

いいものが撮れて、家に帰るのが楽しみだったでしょうね。

パンツも撮影出来て、普通なら満足ですがJさんは違います。

話しかけます。

しかし、このお話途中でこの子がとても育ちの良いことに気付き、最近している交渉痴漢は出来ないと判断したようです。

だったら諦めるというわけではなく、より大胆な行動に出るのがJさん。

1度は退散したものの2度目話しかけ、、、

胸があいた好きに揉みっ!

これまた巨乳なもんで、胸の持ち方がエロいです。

急な撮影者の行動に笑顔で逃げられます。

この撮影では笑顔に見えますが、この後助けを呼ばれたそうです。(笑)

まとめ

Jさんの思い切った行動にあっぱれです。

育ちがよさそう、だから交渉痴漢は出来ない、だったら痴漢しよう。

普通の考えではありません。(誉め言葉)

パンツも揉むシーンもエロすぎて、股間を触らずにレビューするのが大変でした。(笑)

最後まで見て頂きありがとうございます。

(クリックでページに飛べます)↓

奇襲痴漢】歩くわいせつ物!ロリ巨乳J〇にお仕置きしたら助けを呼ばれそうになり逃走!

奇襲痴漢】歩くわいせつ物!ロリ巨乳J〇にお仕置きしたら助けを呼ばれそうになり逃走!

 

ABOUT ME
大好きマン
パンチラ大好きなサイト管理人が、本音で率直に盗撮風アダルト動画をレビューしています。 主にpcolleレビューですが、gcolleやラグコレ含め、レビュー依頼お待ちしております。 期待に応えられるかは、その時次第ですから期待しないでください。(笑)