逆さ撮り

制服女子二人組ダブルゲット

pcolleでは、見るからにモデルさんに撮影の許可を取った作品であふれています。

もちろん、許可は取らないといけませんが、そんなあからさまに、、、と思いますよね。

売れているから、需要はあるのでしょうけど。

 

そこで今回は、見るからにガチにしか見えない作品をレビューします。

もちろん、許可は取ってある作品のはずです。。。

 

今回の作品

ダックス作品9・制服女子2人組ダブルゲット!プラス1人、制服女子の白!

制服女子2人組
最初はプリで落書き中に赤チェックスカートの子の2回ゲット!グレーっぽいP。
その後、別の場所へ。
2人組のグレージャケットの子は可愛いですしミニスカです。グレージャケットの子もゲット!見事な白です!ラッキーです。その後は赤チェックスカートの子の1回ゲット。2人とも生足生Pでした。

プラス1人の制服女子
サンプル画像の右の子です。
2人組でしたが撮れたのは1人だけ、残念です。でも生足生Pの白なので良かったです。

今回は姿撮りも多めなので雰囲気も楽しんでください。

・商品説明はフィクションです
・作品にはステッカーなどはありませんのでご安心ください
・サンプル画像は画質を落としてます

〇FULL HD・1920×1080
〇60FPS
〇再生時間・3分6秒
〇MP4
〇音声・有

◎本作品はフィクションであり盗撮風シチュエーション動画です
◎商品には児童ポルノと定義される内容または違法性のある内容は含まれておりません
◎サイト利用規約に基づいた内容です
◎オリジナル作品につき無断転載、配布を禁止しております
◎当作品の転売、二次使用を禁じます
◎他のサイトでの販売はしておりません

本編

レビューなので、顔や大事なところに加工をしています。

 

画面右側。

ブース内で落書き中。

後ろに幕がないなんて、防犯上なのか、なんなのか。

 

手前にいる、赤チェックに差し込みます。

パンツの質感は辛うじて分かる。

その程度の映りです。

過疎さ加減がいい感じで撮りやすい環境ですね。

こんな場所に、生パンJKなんて、絶滅危惧種ではないでしょうか。

 

場所を移り某書店へ。

あらためて見ると、性欲の湧く後姿です。

 

今度は紺色スカートに近寄ります。

 

うっほ最高ww

きれいな生パンです。

 

その後も尾行。

尾行が雑すぎるんですよね。

勘の良い子なら、このついていき方だとごまかせないと思います。

ごまかしている感はあるんですけど、ターゲットを失いたくないのと、チャンスを逃したくない感がカメラワークからもヒシヒシと伝わってきます。(笑)

 

まだ、赤チェックを鮮明に撮影できてなかったんですよね。

やっと一人になってくれました。

では覗きましょう。

 

食い込みすぎて見えにくいですが、これはエロい!

二人揃って生パン。

最高ですね。

 

ターゲットは変わります。

広めのフロア。

どうやって撮るのでしょうか。

 

自然に近づきます。

いや、男がこんなところにいたら不自然な気が。

 

構わず、大胆に近づきます。

あくまでも、右手で商品に興味があることをアピールしながら。

左手は、スカートの下に。

撮れ高はまずまずですが、シチュエーションが良いですね。

 

まとめ

完全にリアルな撮影風景でしたよ。

ついて行き過ぎないように、先を回り込んでみたりする挙動。

これをカットせずに見せてくれるのがこの作品の良いところです。

楽しむことの出来る作品でした。

 

ダックス作品9・制服女子2人組ダブルゲット!プラス1人、制服女子の白!

[st-mybutton url=”https://pcolle.jp/product/detail/?product_id=1291475fec2d5b36320&af_id=16475e44008b6b626″ title=”作品ページはコチラ” rel=”” fontawesome=”” target=”_blank” color=”#fff” bgcolor=”#e53935″ bgcolor_top=”#f44336″ bordercolor=”#e57373″ borderwidth=”1″ borderradius=”5″ fontsize=”” fontweight=”bold” width=”” fontawesome_after=”fa-angle-right” shadow=”#c62828″ ref=”on”]

 

ABOUT ME
大好きマン
パンチラ大好きなサイト管理人が、本音で率直に盗撮風アダルト動画をレビューしています。 主にpcolleレビューですが、gcolleやラグコレ含め、レビュー依頼お待ちしております。 期待に応えられるかは、その時次第ですから期待しないでください。(笑)